×

リバースピール

リバースピール

これまで治療が難しいとされていた「肝斑」にイタリアから画期的な最新治療が誕生しました。
リバースピールはマッサージピール(PRX-T33)を肝斑により効果がでるように改良したケミカルピーリングです。
難治性の肝斑ではメラニン色素が多いため表皮だけでなく真皮の奥にまで色素が蓄積します。そのため肝斑治療では真皮の色素沈着を改善させる必要があります。
リバースピールは3つのステップのケミカルピーリングで真皮の奥から表皮にむかって治療することで肝斑を劇的に改善します。

特徴

  • 皮膚の深層から表層に向かって治療をおこないます
  • 炎症やリバウンドのリスクがありません
  • あらゆる肌タイプに使用可能です

適応症状・得られる効果

  • 肝斑の改善
  • 色素沈着の改善

治療の流れ

診察

正確な診断をするために、ご相談部位のメイクを落として頂きます。
まずは問診を行います。患者様に記入いただいた予診票をもとに、いつから気になっていて、今までに治療や相談をされたことがあるか、その効果はどうだったのかなど細かく確認します。
その後、医師による診察をします。
一緒に鏡を見ながら、現在の状態をご説明します。
肝斑の治療の種類や特徴、予想される回数・期間・費用・治療のメリット・デメリット、ダウンタイムやアフターケアなど、患者様にわかりやすい言葉・方法でご説明します。
患者様の希望に沿った治療を決定します。
ご不明な点はご相談下さい

カウンセリング

美容クリニック経験の長いスタッフが、リバースピールについての特徴や効果、アフターケアなど、詳しく丁寧にご説明します。
明確な料金を提示し、ご理解・ご納得いただいたうえで治療承諾書にご署名をいただきます。

治療準備

治療室の準備が整ったら、ご案内します。
まずは経過観察のため、カルテに保存するための写真撮影をします。
ご希望のある方はお手持ちのカメラやスマートフォンなどでの撮影も可能です。
横になった状態で、お洋服が汚れないよう、首元にタオルをあてます。
薬品が髪の毛に付着しないようヘアピンなどでお顔周りを整えます。
必要に応じて自家製の二層構造のテープで保護します。(肌に直接触れる面は、肌に優しいタイプのテープを使用しております。)
またメイクが残っていると確実な効果を発揮することができないため、メイクや日焼け止めをコットンで完全にふき取ります。

治療

リバースピールの講習を受けたベテランの看護師、またはビューティーアドバイザーが施術を行いますので安心して治療を受けていただけます。
目に薬品が入らないよう、目は閉じていただいた状態で行います。
リバースピールをグローブを装着した手で肝斑部分に塗布していきます。
マッサージしながら揉みこみ、しっかり浸透させます。
施術スタッフがお声かけしながら、丁寧に細かく隙間なく塗布していきます。
患者様1人1人のお肌の状態、赤み、痛みなどを確認しながら、効果を最大限に発揮できるよう薬剤の量や塗布時間を調節して行います。
ピリピリとした痛みを感じる場合もありますが、我慢できないほどの強い痛みはありません。
STEP1~STEP3までの全ての工程を終了したら、沈静・リラックス効果のあるラベンダーのアロマコットンで拭き取り、冷やしたアロマコットンで5分程クーリングを行います。
クーリング後はリバースピール専用の美容液を塗布します。
※保湿することで一時的に低下しているバリア機能を補い、外的刺激や乾燥からお肌を保護します。
※赤みやヒリヒリ感が強く生じている場合は再度クーリングをし、必要に応じて炎症止めの外用薬を塗布することもあります。
治療時間はクーリングも含めて30分程度です。

クーリング後はマッサージピール専用の保湿クリームを塗布します。
※保湿することで一時的に低下しているバリア機能を補い、外的刺激や乾燥からお肌を保護します。

治療後

鏡で治療後の肌の状態をご確認いただき、終了です。
治療後はメイクルームですぐに日焼け止めを塗布していただけます。
当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。
(メイクルームは治療室目の前にございますので、他人に治療後を見られる心配もありません。)





ご自宅でのアフターケア

リバースピールは治療期間中のご自宅でのアフターケアを推奨しています。
リバースピールの最大限の効果を出すためにとても重要です。

リバースセラム(REVERSE  SERUM)
1本 7,500円

皮膚の色素過剰を阻止・予防するために作られた美白美容液です。
リバースピール治療後のアフターケアとして1日2回朝晩に肝斑が消えるまで塗布します。その後は再発予防のために1日1回朝のみ塗布して下さい。
成分:トラネキサム酸、ラクトフェリン、フェルラ酸、αリポ酸、ペプチドアルバチンCB、ナイアシンアミド、グラブリジン

治療時間 肝斑部分のみの治療で30分程度です。
治療回数、頻度 お肌の状態にもよりますが2~4週間に1回のペースで治療を行うことをおすすめします。
元々の状態によって回数は個人差がありますが平均して5回程度の
治療で改善することが多いです。
施術者 講習を受けたベテランの看護師、またはビューティーアドバイザーが
施術を行いますので安心して治療を受けていただけます。
痛み ヒリヒリ感やむず痒さといった刺激を感じる場合があります。
麻酔 麻酔なしで治療できます。
ダウンタイム 肌の状態によっては赤み、皮剥けが数日続く場合があります。
メイク 当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。
シャワー / 洗顔 / 入浴 当日から可能です。
日焼け 治療前後特に強い日焼けにはご注意いただき、毎日日焼け止めをご使用ください。
その他 ピーリング後、数日は乾燥しやすく日焼けしやすい状態になるので保湿と紫外線対策を行い摩擦などはさけてください。

料金表

治療器/治療内容 範囲 回数/料金
リバースピール 肝斑部分 1回15,000円
5回63,750円
リバースピール5回分+リバースセラム(専用美容液1本)   5回68,000円
リバースセラム(全容美容液)   1本20ml7,500円

Q & A

Q.痛みはないですか?

A.治療の始めはなにも感じませんが成分が浸透していくにつれてピリピリ感やむず痒さなどの刺激を感じる場合がありますが拭き取り後はすぐに消失します。

Q.敏感肌ですが治療できますか?

A. .敏感肌でも治療は可能ですが、肌の状態によっては赤みや痛みを感じやすい場合がございます。
また、以下の方は治療を控えていただく可能性があります。


  • TCA(トリクロロ酢酸)やコウジ酸やアスピリンに対して過敏症のある方
  • 脂漏性皮膚炎の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 皮膚に炎症や傷がある方
  • アレルギー体質の方
  • 肌の調子が悪い方
  • 治療部位に真菌性疾患、ヘルペス等ある方
  • 強い日焼け後、もしくはこれから日焼けする予定のある方
  • 妊娠中、授乳中の方

※過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック等)・トレチノイン(レチン・ディフェリンゲル等)をご使用の方、またはその他ピーリングを使用している方は反応が強くでますので、2週間程使用しない期間を置くことをおすすめします。

Q.治療間隔を教えて下さい。

A. お肌の状態にもよりますが2~4週間に1回のペースでの治療を行うことをおすすめします。
元々の状態によって回数は個人差がありますが平均して5回程度の治療で改善することが多いです。

Q.施術後の状態は?副作用はありますか?

A.治療後は一時的に赤みが出ることもありますが大抵の場合はすぐに引きます。しかし、お肌の状態によっては赤み、皮剥け、かさぶたが起こる可能性もあります。皮剥けしても無理に剥かずになるべく保湿してお過ごしください。通常は数日で軽快します。

Q.ピーリング後、メイクはできますか?

A.  当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。

Q.過酸化水素やコウジ酸は身体に悪くないですか?

A.PRX-T33に配合される過酸化水素は超低濃度で安全であり、肌の活性化をもたらします。
コウジ酸は一度有害であるとされ使用禁止になっていましたが外用であれば安全なことが確認されていますのでご安心ください。

Q.禁忌を教えて下さい。

A.

  • TCA(トリクロロ酢酸)やコウジ酸やアスピリン対して過敏症のある方
  • 脂漏性皮膚炎の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 皮膚に炎症や傷がある方
  • アレルギー体質の方
  • 肌の調子が悪い方
  • 治療部位に真菌性疾患、ヘルペス等ある方
  • 強い日焼け後、もしくはこれから日焼けする予定のある方
  • 妊娠中、授乳中の方

※過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック等)・トレチノイン(レチン・ディフェリンゲル等)をご使用の方、またはその他ピーリングを使用している方は反応が強くでますので、2週間程使用しない期間を置くことをおすすめします。

▲このページの上まで戻る