×

炭酸ガスレーザー (医師が施術)

炭酸ガスレーザーとは?

炭酸ガスレーザーは水分に吸収されることで強い熱効果を表します。
皮膚は多くの水分を含むため、レーザー照射すると熱エネルギーに変換され、治療部位だけの組織を飛ばして(蒸散)させます。
高い出力と正確で形を変えられるレーザー照射で、周囲組織への障害を少なく、短時間で出血がほとんどなく除去する事が可能です。
色素の有無に関係なく、ほくろ、イボ、盛り上がりのあるしみ、ニキビなどの治療が可能なレーザー治療です。

ニキビ治療

ニキビの表面にごく小さな穴を開け、中に詰まっている膿や皮脂を排出することで、ニキビの治りを早めます。
レーザー光の熱による殺菌作用で、ニキビの再発を抑える効果もあります。

ほくろ・イボ治療

患部に照射すると、その組織に含まれる水分がエネルギーを吸収し、蒸散作用をおこして瞬時に患部の組織を除去します。
組織周辺の血液は瞬間に凝固するので、ほとんど出血することなく取り除くことができます。
深部組織や周辺の正常な皮膚にはダメージを与えないため、メスで切除した場合よりもキズ跡が残りにくく、治りも早いのが特徴です。

特徴

  • 切らない治療。
  • 出血がほとんどない。
  • 治療時間が短い。

適応症状

  • しみ
  • ニキビ・ニキビ跡
  • ほくろ
  • イボ・盛り上がり・魚の目

 

治療器 方法・範囲 料金(1回)
炭酸ガスレーザー ニキビ20個以内 5,000円
→ 初診限定価格 4,000円
ほくろ除去 直径1mm以内1コ 10,000円

治療の流れ(にきび治療の場合)

1 メイクを落としていただきます。

2 医師が診察させていただきます。

3 表面麻酔を塗布します。

4 医師が炭酸ガスレーザーを照射します。

5 面皰圧出器を押し付ける。

6 こもっていた膿をだす。

治療後の経過

レーザー光には殺菌作用もあり、毛穴の中からウミや皮脂が排出されると、炎症がとれてニキビの再発しにくい肌へと置換されていきます。
治療中はちくちくとした痛みがあります。

治療後は治療部位に赤みがでます。
治療後、数時間はメイクを避けてください。

治療の流れ(ほくろ、いぼ治療の場合)

1 メイクを落としていただきます。

2 医師が診察させていただきます。

3 ご希望や状態に応じて、表面麻酔を塗布もしくは局所麻酔を注射します。

4 医師が炭酸ガスレーザーを照射します。

5 保護テープを貼ります。

治療後の経過

治療中は麻酔が効いてるので、ほとんど痛みは感じません。
治療後は治療部位がカサブタの状態になり、1週間程度で自然にはがれ落ちます。

ほくろ治療の場合、1度で取り切れていない時は、1か月以上経ってから2度目の治療が可能です。(5年間保証)
治療部位のみ、かさぶたがとれるまでメイクは避けてください。

症例写真

Q & A

Q. 治療後にメイクは出来ますか?

A. カサブタがとれ新しい皮膚が再生するまで約1週間~10日程度メイクはできません。その間は治療部位を避けてのメイクをお願いしております。(日焼け止めはご使用下さい。)

Q. 痛みはどのくらいありますか?

A. 熱さを感じたり、輪ゴムではじかれる程度の痛みですが、麻酔を使用するとほとんど痛みを感じません。

Q. 治療後に制限することはありますか?

A. 炎症が治まるまで2~3日は激しい運動や飲酒はお控え下さい。

Q. 治療後に入浴はできますか?

A. 炎症が治まるまでシャワー浴をお願いしています。

▲このページの上まで戻る