×

多汗症・頭髪・メディカルダイエット

多汗症

自分に自信を取り戻す。やってよかった多汗症治療。

人間の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺があります。
多汗症の原因となるのは特にエクリン汗腺です。

エクリン汗腺

ほぼ全身にあり、体内の熱を放出するために汗を分泌し、体温調節をする働きがある。
運動した時や暑い時に出るさらっとした水っぽい汗。

アポクリン汗腺

ワキの下・へそ周囲・陰部・乳輪など特定の箇所に存在する。
脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニアの成分を含んでいる。
分泌される汗自体は強く臭わないが、汗に含まれる分泌液が細菌で分解されると特有の臭いを発し、ワキガの原因となる。
アポクリン腺自体は産まれたときから存在するが、思春期以降に働きが活発になり始める。

特にエクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されるのが、「多汗症」です。
温度、湿度に関係なく、運動や食事など汗が出るようなことをしていないのに大量に汗がでるのが特徴です。
原因は、汗の分泌をコントロールしている交感神経が、体質、精神的ストレス、食生活、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因が絡みあって、正常に働かなくなることで起こります。
汗が大量にでることによって、臭いも強くなります。
また症状部位は、ワキの下、手のひら、足の裏など人によって異なります。

多汗症の治療方法

しわの治療でよく使用されるボトックス注射を用います。経験豊富な医師がより痛みの少ない治療を行っております。

ボトックス注射 【医師が施術】

ボトックス注射には多汗症の原因となるエクリン汗腺の働きを弱くする効果があります。
当院のボトックス注射は最高品質と言われている、アラガン社のボトックスビスタを使用していますので、安心して治療をお受け頂けます。
1度の治療で効果は約半年間継続します。

詳しくはコチラ

パースピレックス

1回の使用で3~5日間汗のお悩みから解放される特許処方の制汗剤です。汗を抑えたい部分に塗布すると汗腺内の水分と反応し汗腺深部に蓋を作り発汗を物理的に抑制します。市販の制汗剤では難しかった手のひらや足の汗にも効果があります。

頭髪

女性頭髪外来

髪は肌と同じくらいに、容姿年齢に影響します。

今の時代、薄毛は女性のなかでも問題視が高まってきているトラブルのひとつです。
その原因のひとつには、遺伝による原因もありますが、加齢やホルモンバランスの乱れ・過度なストレス・間違ったダイエット法など、さまざまな原因が考えられます。
当院ではその原因を特定し、適切な治療を行います。

女性に多い症状

びまん性脱毛症

「女性の薄毛」に多い脱毛症の1つです。
中年期以降の女性によく見られるこの薄毛の原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがあげられます。
AGAといわれる男性型脱毛症と違い、生え際が後退するのではなく、毛髪が全体的に薄くなり、脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴です。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

出産後の薄毛に多いのが、分娩後脱毛症です。
妊娠中はお腹の子供に栄養を取られてしまいますが、妊娠後期になるとエストロゲン(排卵の準備を行う卵胞ホルモン)などの女性ホルモンによって、成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入るため、若い女性でも産後の薄毛に悩む方が多いのです。

薄毛の原因

  1. 加齢や更年期障害、妊娠による女性ホルモンバランスの乱れ
  2. 過度のストレス
  3. 間違ったダイエット
  4. アルコールやタバコ、不規則な食生活
  5. 睡眠不足
  6. 紫外線

治療方法

内服薬、外用薬、点滴、注射、ダーマペンによるメソセラピーなど多数の治療法を組み合わせ、患者様おひとりおひとりに最も効果的なオーダーメイドの治療法をご提案いたします。

パントガール(内服薬)

パントガール(Pantogar)は女性の薄毛(びまん性脱毛症、分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す内服薬(飲み薬)として、世界で初めて効果と安全性が認められた、女性専用の薄毛治療薬(医薬品)です。

これまで薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しかありませんでした。パントガールの登場により、女性でも手軽に薄毛治療が可能になりました。

パントガールは細胞代謝を通して発毛、育毛を促し、丈夫で弾力性のある健康な毛髪構造に必要な栄養成分(アミノ酸、タンパク質、ビタミンB群の特殊な配合)を髪の毛に供給します。

効果

  • 効果が実感できるまで、最低でも3ヶ月の服用が必要と言われています。
  • 効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月~12ヶ月の長期服用を定期的に行うことお勧めします。
  • 副作用が非常に少なく、長期間服用しても安全性の高い治療薬です。
  • 育毛の他にも、爪の成長不要(爪がもろい、割れる、弾力がない)にも効果的です。

パントスチン(外用薬)

パントスチンは、女性の抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善する育毛外用薬です。
パントスチンの有効成分「アルファトラジオール」が毛根に作用し、男女の遺伝性脱毛と加齢による抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善します。

使用部位以外のホルモン作用はほとんどなく、女性に適した製剤です。
パントスチンは薄毛の初期段階で使用すれば、まだ活動している毛根が再び元気を取り戻して、新しい髪の毛を作り出せるようになります。

パントスチンは1日1回、頭皮塗布するだけの治療です。
パントスチンは抜け毛を抑制するタイプの薬なので、育毛を促進するパントガールとの併用が効果的です。

効果

  • 効果が実感できるまで、3ヶ月~6ヶ月くらいの期間があります。
  • 脱毛の症状が改善されてきたら、2~3日に1回と回数を減らしていきます。
  • 効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月~12ヶ月の長期服用を定期的に行うことお勧めします。
  • 副作用が非常に少なく、長期間服用しても安全性の高い治療薬です。

注射・点滴治療

プラセンタ注射・点滴

プラセンタの「血行促進作用」「自律神経調整作用」[疲労回復]などの効果が、女性の発毛育毛に効果を発揮します。

キレーション点滴(デトックス点滴)

誰でも知らず知らずのうちに体内に蓄積されている有害金属は、脱毛の原因の一つといわれています。
合成アミノ酸の一種であるEDTAという成分を投与することにより、血液中の金属を挟み込むようにキャッチし、尿として体外へ排出することで薄毛を治療します。

ダーマペンによるメソセラピー

ダーマペンは、マルチプルニードル(11本の針)という微細な針を用い、高密度に皮膚に穴を開ける治療で、アメリカのFDA(米食品医薬品局)で認可されている医療器具です。

頭皮に多数の微小な穴を開けて有効成分を効率的に気になる部位に浸透・注入させることで発毛・育毛を促します。
従来の類似器具(ダーマローラー)に比べ、表皮への負担が少ないため、より安全に治療が受けられます。

男性頭髪外来

抜け毛・薄毛治療は早めの対策が大切です。

現代の成人男性の3人に1人は抜け毛や薄毛に悩んでいると言われています。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなり、徐々に進行していき何もせずにそのままにしておくと、全体が薄毛になるという可能性があります。

医療機関だからできる確実な発毛プランで、症状や進行状態にあわせた治療をご提案いたします。

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopesiaの略で「男性型脱毛症」という意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または両方が薄くなり進行していきます。
遺伝や男性ホルモンの影響によって発症すると考えられており、AGAは進行性です。
何もしないでそのままにしておくと、抜け毛や薄毛が目立つようになります。
進行を抑えるためには、早めのケアが大切です。

AGAは遺伝などの要因により男性ホルモンの変化が毛根に働きかけ、正常な髪の生え変わりリズム(毛周期・ヘアサイクル)が崩れてしまい症状が発症します。

毛周期(ヘアサイクル)とは?

髪の毛1本1本には寿命があり、伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返します。
これをヘアサイクルと呼びます。
毛髪は一定のサイクルで成長しており、

  • 「成長期」 ・・・ 新しい髪が成長する期間(2~6年間程度)
  • 「退行期」 ・・・ 成長が弱まる期間(2週間程度)
  • 「休止期」 ・・・ 完全に成長が止まり、髪が抜けてしまう(3~4ヶ月)

というサイクルを通常2~7年で繰り返されています。

薄毛・抜け毛の多くは、なんだかの影響でヘアサイクルが短縮され、毛髪が完全に成長する前に抜け落ちることで起こります。
ヘアサイクルを通常に戻すことが、薄毛・抜け毛を改善するためには重要となります。

治療方法

内服薬、外用薬、点滴、注射、ダーマペンによるメソセラピーなど多数の治療法を組み合わせ、患者様それぞれに最も効果的なオーダーメイドの治療法をご提案いたします。

プロペシア(内服薬)

プロペシアはAGAの治療薬として米メルク社が開発したフィナステリドという成分の飲む育毛薬(脱毛抑制薬)です。アメリカのFDAでも認可されている医薬品で、AGAに有効な治療薬として、すでに世界60カ国以上で使われており、日本では万有製薬から2005年12月に発売されました。

AGAの最大の原因でもある、男性ホルモンの一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)は、テスストテロンと呼ばれる男性ホルモンが、5α-リダクターゼという酵素の働きによって発生します。
プロペシアの薬用成分であるフィナステリドが5α-リダクターゼの働きを抑え、テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制することで抜け毛を予防します。
プロペシアの服用は、成人男性が対象となっており、女性は服用できません。
プロペシアは病院でのみ処方できる医薬品です。

効果

  • プロペシアの効果が実感できるまで、3ヶ月以上必要と言われています。少なくとも半年は飲み続けることをお勧めします。
  • 内服を中止すると、徐々に効果がなくなり1年程度で元に戻ってしまいます。
  • 副作用が非常に少なく、長期間服用しても安全性の高い治療薬です。
  • 円形脱毛症や栄養失調、全身疾患(甲状腺機能障害、膠原病等)、薬剤による脱毛症には効果がありません。

フィナステリド錠(内服薬)

AGAの治療薬として、国内で初めて、ファイザー製薬の『フィナステリド錠』が、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の製造販売承認を2015年2月に取得しました。
今までは、プロペシアがAGA治療薬として処方されてきましたが、『フィナステリド錠』は、プロペシアと同様の成分の後発医薬品として国内で初めて承認を取得した事となります。
一般的にジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品の7割程度となります。ジェネリック薬品を活用することで、毎月のAGA治療にかけるコストを3割近く抑えることが可能になります。

ジェネリック薬品とは
新薬(先発医薬品)の特許期間などが過ぎた後に、新薬の有効成分、効き目、品質、安全性が同じであることを条件に、国から承認された薬のことをジェネリック医薬品(後発医薬品)と言います。 ジェネリック医薬品は新薬よりも価格が低いので、薬を処方される際に、自らの判断でジェネリック薬を選択することができます。

ミノキシジル(内服薬、外用薬)

ミノキシジルは、飲むタイプの内服薬と、塗るタイプの外用薬の2種類を取り扱っています。
もともとミノキシジルは、アメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧の経口薬として使用されていました。ミノキシジルタブレットを服用していた患者様の体毛が濃くなったことから、副作用として全身の多毛症があることが発見されました。その後、頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。今では、ミノキシジルは発毛に効果がある薬剤として、広く知られるようになっています。
ミノキシジルを使って効果的に治療するには、経口育毛剤のプロペシア(フィナステリド)との併用が重要です。併用処方は一般的に最も効果が高いといわれています。

ダーマペンによるメソセラピー

ダーマペンは、マルチプルニードル(11本の針)という微細な針を用い、高密度に皮膚に穴を開ける治療で、アメリカのFDA(米食品医薬品局)で認可されている医療器具です。
頭皮に多数の微小な穴を開けて有効成分を効率的に気になる部位に浸透・注入させることで発毛・育毛を促します。
従来の類似器具(ダーマローラー)に比べ、表皮への負担が少ないため、より安全に治療が受けられます。

症例写真

頭髪の治療方法

内服薬、外用薬、点滴、注射など多数の治療法を組み合わせ、患者様それぞれに最も効果的なオーダーメイドの治療法をご提案いたします。

美容点滴

有効成分が効率よく体内に吸収されるため、サプリメントと比べると効果・即効性が期待できます。
その日の体調や体質に合わせてオーダーメイド感覚で配合成分を変更することも可能です。

内服薬、外用薬

患者様おひとりお一人の症状に合わせた、内服薬や外用薬を処方致しております。

メディカルダイエット

原因から対策を、当院のメディカルダイエットのススメ。

当院のメディカルダイエットでは、医師のみが処方できるダイエット用の内服薬を複数用意しております。
患者様一人ひとりに最も適したものを組み合わせて処方することで最大限の効果を発揮いたします。

また、肥満遺伝子検査により、体質に合ったダイエット法をご提案いたします。
サーマクールボディや脂肪溶解注射(メソセラピー)により、効果の出にくい部分痩せにも対応しております。

メディカルダイエットの治療方法

サーマクールボディ 【女医または看護師が施術】

ボディのたるみに効果のある部分痩せの治療として大人気の施術です。
強力なRF派(6.78MHz)の熱エネルギーを使って、皮膚深部から皮下組織、脂肪層に至るまで熱刺激を与えることで強力に引き締めます。
1度の施術でメリハリのある引き締まったボディラインを実現します。

詳しくはコチラ

脂肪溶解注射(BNLS) 【医師が施術】

メソセラピーは、気になる部分の脂肪に直接注射することで、脂肪を溶解・分解させる痩身注射です。
脂肪を溶かし脂肪細胞の数を減少させるので、リバウンドの心配もありません。
気軽に部分やせを実現することができます。

ダイエット処方薬

アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)または国内厚生労働省の認可を受けた、「安全な痩せ薬」を患者さまの体質、生活スタイルに合わせて処方しています。
無理な食事制限で体調を崩すことがないよう、生活スタイルに合わせて医師がサポート致します。

サノレックス・・・食欲を抑制する効果があります。
チラージン・・・基礎代謝を高め、痩せやすい体質にする働きがあります。(別途費用にて要血液検査)
ゼニカル・・・摂取した脂肪分の約30%を体外に排出する働きがあります。脂っこい食事の際に服用。
防己黄耆湯・・・水分の代謝を高め、むくみを解消する漢方。便秘改善の効果も。水分で太りやすい方へ。
防風通聖散・・・脂肪を分解・燃焼させる働きがある漢方。肥満・むくみ・便秘を改善。下腹部の脂肪が気になる方へ。


肥満遺伝子検査

人が太る、痩せるには、「体質」「遺伝子」などの要因が個人個人で異なります。
肥満遺伝子検査とは、肥満遺伝子を調べることで、身体のどこに脂肪がつきやすいのかなど、太る原因を知ることができます。
また、肥満遺伝子は生涯変化することがないため、長期的な体重管理・健康管理に役立つだけでなく、生活習慣病と関連があるため生活習慣病の予防に繋がります。
肥満遺伝子検査により、お一人おひとりの体質にあったダイエット法をご提案いたします。

表参道美容皮膚科の施術に対する考え

患者様のお持ちになっているお悩みは人それぞれです。
豊富な治療経験のある医師が、体質、症状に合わせた治療法をご提案し、最善の効果を得られるようお一人おひとりに寄り添った治療を心がけています。