×

ほくろ・あざ

安全に、自然に、当院の治療は目立ちにくいレーザー治療。

当院では経験豊富な医師が熟練の技術を用いて、跡が残りにくい方法でレーザー治療を行っています。
痛みが少なく、自然な仕上がりなのが当院の特徴です。
また、ほくろ治療では5年間の保証期間を設けておりますので、安心してお通いいただけます。

ほくろの種類

ほくろは母斑細胞の増殖により現れ、平らなものや盛り上がったなど形状が異なります。
このほくろにもいろんな種類があり、そのほくろの大きさや場所により、適切な治療は違ってきます。

単純黒子

皮膚のごく浅い部分でメラニンを過剰に生成しできる。
薄茶色から黒いものまで色も様々で、大きさも1~2mmと小さいものが多いです。

色素性母斑

皮膚の表面および真皮内の母斑細胞からなる良性のあざの一種で、母斑細胞がいくつもの層になって重なり、やがて盛り上がってくるほくろです。
初めは1mm~2mmくらいの小さなほくろですが、徐々に大きくなったり、盛り上がってきます。色も無いものから茶色いものまで様々です。
皮膚の表面近辺にできるものから、逆に真皮に向かって増えていくものもあります。

あざの種類

あざは、メラニン系、血管系、その他のあざに分けられ、一般的に赤、青、黒、茶などの色で表わされています。

赤あざ(血管腫)

皮膚の血管が拡張したりしてできるあざで、表面が平らなものと、皮膚が隆起しているものがあります。

黒あざ(ほくろ)

メラニン色素が真皮内に増えることによってできます。
小さいものはほくろ、大きなものは巨大色素性母斑と呼びます。

茶あざ(扁平母斑)

メラニンが増えることによって、茶褐色で大小様々な色素斑が皮膚にできたものです。
一般的には、先天性で体のどこにでも発症します。

後天性のものは遅くとも思春期までに発症することが多いです。
大きさや色は、あまり変化しませんが紫外線を浴びると濃くなることが多いです。
見た目はしみ(老人性色素班)に似ていますがしみよりもレーザー治療に反応しづらい特徴があります。

青あざ(太田母斑)

本来、表皮と真皮の境界上にあるべきメラノサイトが真皮内に存在するために青く見えるものです。
生まれつきのものと、生後1週間ほどしてからでるものがあります。回数はかかることが多いですが、レーザー治療に反応しやすい特徴があります。

治療方法

Qスイッチヤグレーザー 【医師が施術】

Qスイッチヤグレーザーとは、メラニン色素のみに反応し吸収される性質をもつレーザーです。
しみやあざの部分にレーザーを照射することで、光エネルギーがターゲットとなる色素のみピンポイントで破壊し、しみやあざを除去します。
周囲の健康な組織を傷つけることなく、トラブルのある部分だけに作用し皮膚へのダメージが最小限に抑えられます。

詳しくはコチラ

炭酸ガスレーザー 【医師が施術】

炭酸ガスレーザーは水分に吸収されることで強い熱効果を表します。
皮膚は多くの水分を含むため、レーザー照射すると熱エネルギーに変換され、組織を飛ばして(蒸散)させます。
高い出力と正確で形を変えられるレーザー照射で、周囲組織への障害を少なく、短時間で出血がほとんどなくホクロやイボなどを簡単に除去する事が可能です

詳しくはコチラ

日常のケア

治療後の数日間は炎症止めの薬、美白剤をご使用ください。
また、色素沈着を予防するために顔や腕、首筋など肌が露出する部分には、しっかりと日焼け止めを塗ってください。
さらに日傘、帽子を併せて使用するとより効果的です。

 

治療器・治療方法 方法・範囲 料金
ほくろ除去
*医師が施術
直径1mm以内1コ 10,000円
ほくろ取り放題
(顔限定)
  150,000円
5年保証付き
アザ Qスイッチ
ヤグレーザー
*医師が施術
1cm×1cm 20,000円
→ 初診限定価格 16,000円

表参道美容皮膚科の施術に対する考え

あちこちにできるほくろやあざ。小さなもの1つならそれほど気にならないかもしれません。
目立つ場所にある場合、強いコンプレックスを持たれる方も多くいらっしゃいます。
特に顔周りや首などの場合、なかなかメイクで隠すことができません。
当院では、症状に合わせて跡が残りにくい方法で、確実にお悩みを解消することを目指した治療を心がけています。
どんなお悩みでも一度ご相談ください。