×

しみ・肝斑・美肌

当院のしみ治療は、多くの治療経験をもつ相澤院長・三宅副院長のみが直接全ての患者様を治療いたします。

今までしみ治療を受けても満足のいく効果が得られなかった方、また初めてしみ治療をお考えの方も治療効果と安全性、治療後のフォローにこだわるなら、当院のしみ治療プログラムがおすすめです。
顔にできる色素病変は単純にしみだけではありません。 日常診療でよく見るものだけでも、老人性色素斑・雀卵斑・肝斑・脂漏性角化症・扁平母斑・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などがあります。 ほとんどの場合それらは混在しているので、正しい診断ができないと、どんな治療をしていくかの治療計画がたてられません。 多くの患者さんが不適切な治療を受けて、効果に満足できなかったり、以前より悪化したりすることを経験されています。 しみの治療においては、熟練した医師によるしみの種類の正しい診断と、医師自身が直接施術することが最も重要です。 表参道美容皮膚科では診察・レーザー治療のすべてを相澤院長・三宅副院長の医師2名のみが直接行っています。 2人とも美容皮膚科医としてそれぞれが12年以上の経験があり、直接治療した症例は国内トップクラスの医師です。 長年の診療経験から数あるレーザー機器の中で最も効果の高いレーザー機器を厳選して複数導入しておりますので、少ない回数で最も高い効果の治療を受けることができます。 当院では肌の状態を見極めるためにひとりひとりの患者様に時間をかけた丁寧なカウンセリングを行い、肌の状態・必要とされる治療や回数・治療費の見積り・予想される効果の説明をいたします。 またスタッフも美容皮膚科勤務歴の長いベテランスタッフのみです。 治療後のアフターケアもしっかりフォローいたしますので安心して治療を受けていただけます。 正確な診断と高度な治療技術が効果に大きく影響するからこそ、当院のしみ治療がおすすめです。

しみの種類

老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑(日光性色素斑)

加齢・紫外線の影響でできる茶色い色素斑です。 しみの多くはこのタイプにあたります。 小さいものから大きなものまで様々あります。 発生当初は薄い茶色をしていますが、次第に濃くはっきりしてきます。 しみの中では、最もレーザーや光治療の反応が良く取れやすいのが特徴です。 主な使用レーザー・治療方法…フォトシルクプラスQスイッチYAGレーザーアキュチップ
雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)

鼻を中心に左右対称に、目の下や頬の上部に小さく散らばるようにしてできる茶色の色素斑で一般名称はソバカスと呼ばれています。 遺伝性にできることが多く、思春期頃から増え始めます。 思春期を過ぎれば消えていく場合もありますが、年齢を重ねるごとにしみ(老人性色素班)や肝斑なども混ざり濃くなっていくこともあります。 主な使用レーザー・治療方法…フォトシルクプラスQスイッチYAGレーザーアキュチップ
肝斑

肝斑

肝斑の大きな特徴は、頬などに左右対称にほぼ同じ形、同じ大きさでできることです。 比較的広い範囲に、輪郭がはっきりせずぼんやりと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。 30代~40代にかけて発症することが多いようで、原因は諸説ありますが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用との関係が指摘されていることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるしみと言われています。 ストレス、紫外線、摩擦刺激でも悪化することが知られています。 肝斑は、他のしみと比べると治療に時間、手間がかかる厄介なしみです。 根気よく続けて治療を行うことが、改善に繋がります。 主な使用レーザー・治療方法…レーザートーニングフォトシルクプラスリバースピール内服薬治療・外用薬治療
脂漏性角化症(老人性のいぼ)

脂漏性角化症(老人性のいぼ)

加齢とともに顔、首、体にもできる盛り上がった茶色いいぼ状のしみです。 早い人では20代からできることもあります。 首の小さなイボはアクロコルドンと呼ばれています。 紫外線にあたる部位や摩擦が起こりやすい部位によくできます。 主な使用レーザー・治療方法…CO2レーザー
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

10代後半ごろから灰紫色の色素が頬や額に出てきます。 しみ(老人性色素班)に似ていますが、アザの一種です。 レーザーには反応しやすいですが、深いところにあるので、治療回数はかかります。 主な使用レーザー・治療方法…QスイッチYAGレーザー
扁平母斑

扁平母斑

生まれつき、または10代後半ごろから全身どこにでも発症する、しみと間違われることが最も多い あざの一種です。 日焼けなどで濃くなる性質があります。 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)同様、治療は複数回必要です。 主な使用レーザー・治療方法…QスイッチYAGレーザー

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

にきび、虫刺され、かぶれ、アトピー性皮膚炎、やけど、外傷など、皮膚の炎症が発生した後、色素が沈着して起こるしみで、年齢に関係なく発生します。 通常は炎症部位において古くなった角質のターンオーバーがうまくいかず、排出されるべきメラニンが肌表面に残り続けしみへとなります。 多くの場合は一過性で、半年ほどで自然消滅しますが、刺激が繰り返されると真皮内にまで色素が沈着してしまい長時間消えないことがあり、その間に紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。 主な使用レーザー・治療方法…レーザートーニングフォトシルクプラスアキュチップケミカルピーリング内服薬治療・外用薬治療

治療方法

Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザー 【医師が施術】

最も標準的なしみ治療のレーザーです。輪郭のはっきりしたしみ、濃いしみ、薄いしみに有効です。 しみやあざの部分にレーザーを照射することで、光エネルギーがターゲットとなる色素のみピンポイントで破壊し、しみやあざを除去します。 しみであれば、80%以上の確率で1回の治療で済んでしまいます。
適応症状 しみ・そばかす・ほくろ・あざ・タトゥー除去・アートメイク除去

詳しくはコチラ

フォトシルクプラス

フォトシルクプラス 【医師が施術】

フォトシルクプラスはイタリアDEKA社の最新式美白治療器で、一般的によくあるフォトフェイシャル(IPL)と比べ、メラニン色素の分解能力が圧倒的に優れています。しみ、くすみ、肝斑を薄くするだけでなく、毛穴、ニキビ、ニキビ跡の赤み、肌のハリ、小じわなどの総合的な肌質の改善に有効です。治療後にすぐにお化粧ができるので日常生活への影響もありません。
適応症状 しみ・そばかす・肝斑・ニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き・くすみ・色素沈着・頬の赤み・肌質改善・肌質改善・美白・美肌

詳しくはコチラ

アキュチップ

アキュチップ 【医師が施術】

アキュチップは従来の光治療では改善が難しかった薄いしみ・そばかす・毛細血管の赤みに効果のあるスポット照射で行う最新の光治療器です。 照射範囲が6.35mmと小さいので治療部位以外の皮膚にダメージを与えずにピンポイントでの照射が可能です。 治療後はガーゼやテープで保護する必要がなく、すぐにお化粧ができるので日常生活に支障なく治療ができます。
適応症状 しみ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡・ほくろ・毛細血管の赤み・単純性血管腫(赤いほくろ)

詳しくはコチラ

レーザートーニング(メドライトC6)

レーザートーニング(メドライトC6) 【医師が施術】

従来は困難とされていた肝斑の改善を可能にしたレーザー機器です。 非常に弱いパワーを均一に照射することにより、肌に余計な刺激を与えることなく、肌の新陳代謝を促進することでメラニンを少しずつ減らしていき、肝斑やしみを薄くします。
適応症状 しみ・肝斑・くすみ・色素沈着・毛穴の開き・毛孔性苔癬・肌質の改善・美白・美肌

詳しくはコチラ

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー 【医師が施術】

盛りあがりを削るレーザーです。 盛りあがりのあるしみ(脂漏性角化症)、ほくろ、イボ、首にある小さなイボ(アクロコルドン)の治療に用いられます。
適応症状 脂漏性角化症・ニキビ・ほくろ・イボ・首の小さなイボ(アクロコルドン)・盛り上がり

詳しくはコチラ

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

肌の表面に薬剤を塗布することにより、古い角質を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを促進・正常化させる治療法です。 当院では「サリチル酸マクロゴールピーリング」「ミルクピール」「マッサージピール」「リバースピール」の4種類のケミカルピーリングを行っています。医師が患者様のお悩みや肌の状態に合わせて最適な薬剤を決定する完全オーダーメイドピーリングを行っています。 医師の管理下で行うケミカルピーリングは高濃度で効果が高く、アフターケアも万全なのでトラブルが少ないのが特徴です。ピーリング化粧品やエステで行う施術とは違い、納得のいく確かな効果を得ることができます。
適応症状 美肌・美白・ニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き・肌質改善・しわ・たるみ・色素沈着・黒ずみ

詳しくはコチラ

フラクショナルCO2レーザー  【医師が施術】

フラクショナルCO2レーザーは、炭酸ガスレーザーの照射にフラクショナルという細かいドット状に分割させる機能を組み合わせたレーザー治療です。皮膚に微小な穴を開け、肌の入れ替えと再生を行うことで、赤ちゃんのような肌に新しく生まれ変わることができます。フラクショナルCO2レーザーは従来のフラクセルレーザーに比べて治療効果が高く、治療中の痛みや治療後の赤みが少ないのが特徴です。1回の治療で肌の10~15%程度が再生すると言われているので、5回~10回程度の治療を繰り返すとより効果的です。
適応症状 ニキビ跡のクレーター・毛穴の開き・しわ・傷跡・リストカット後の傷跡・妊娠線・肉割れ・毛孔性苔癬・肌質の改善・お肌の若返り

詳しくはコチラ

美容点滴

美容点滴

点滴・注射で有効成分が効率よく体内に吸収されるので、サプリ等と比べて即効性もあり、効果も高いです。美白・美肌・疲労回復・健康維持・アンチエイジング・ダイエットなど沢山のお悩みを解消できます。
適応症状 美白・美肌・疲労・体調不良・しみ、肝斑の改善・強い日焼け後・ダイエットなど

詳しくはコチラ

内服薬、外用薬

内服薬、外用薬

レーザー治療などの外的な治療ではなく、身体の内側から皮膚の表面から改善していく方法です。 レーザー治療と併用をして内服薬と外用薬を使うことでさらに効果的です。
外用薬
外用薬
  • デルモゾールGクリーム
  • ゲンタシン
  • 高濃度ビタミンCカクテル(当院開発オリジナル化粧水)
  • ハイドロキノン(5%)
  • トレチノイン
内服薬
内服薬
内服薬
  • トランサミン(トラネキサム酸)
  • シナール(ビタミンC)
  • ユベラ(ビタミンE)
  • ビオチン(ビタミンB7(ビタミンH))
  • タチオン

日常のケア

しみの原因として最も多いのが紫外線による影響です。 UV効果のある日焼け止め、化粧品を使用することは必須です。 しかし、日焼け止めをしっかりと塗ったからといって、安心はできません。 時間がたつにつれて効果が薄れてきますので、こまめに塗り直しすることが必要です。 さらに日傘、帽子を併せて使用するとより効果的です。 日焼け止めは、SPFやPAの値が高いほど肌への負担が大きくなり、しみの原因になる乾燥を招いてしまいます。 スキンケアのつもりが、塗りすぎで、肌にダメージを与えてしまう場合もありますので、保湿することを心がけてください。 ご自身の肌質にあった正しい紫外線対策は、しみを作らない重要なポイントです。

項目 方法・範囲 料金
Qスイッチヤグレーザー *医師が施術 面積5mm×5mm以内 1回 5,000円
面積(1cm×1cm) 1回20,000円
レーザートーニング (メドライトC6) 頬+鼻 1回18,000円
3回48,000円
5回58,500円
顔全体 1回20,000円
3回54,000円
5回65,000円
フォトシルクプラス *医師が施術 *コースお申込みの方は 追加料金なしで アキュチップ (通常1ヵ所2,000円)を 何ヵ所でも照射できます。 頬+鼻 1回30,000円
3回81,000円
5回120,000円
顔全体 1回40,000円
3回108,000円
5回160,000円
アキュチップ *医師が施術 1ショット 2,000円
顔全体 1回60,000円
3回162,000円
5回240,000円

※その他取り放題プランもございます

タトゥー(刺青)・アートメイク除去 【医師が施術】

タトゥー(刺青)・アートメイク除去

傷跡が残らないタトゥー・アートメイクを除去。

一度入れたタトゥー(刺青)やアートメイクを取るには、以前は手術以外方法がなく傷跡が目立ってしまいましたが、 現在は、レーザーを使用し、傷跡をほとんど残さず、痛みも少なく、皮膚への負担を最小限にして除去することが可能になりました。 当院ではタトゥーを消すのに最適なQスイッチヤグレーザーでタトゥー除去を行っております。Qスイッチヤグレーザーはタトゥー先進国のアメリカで開発され、「タトゥーレーザー」と呼ばれるほどタトゥー除去に最適です。 タトゥーの入れている部位、大きさ、入れている色の深さ、インクの種類などによって照射の回数や経過などが異なってきますので、診察にて状態をみて治療をおこないます。

Qスイッチヤグレーザーはコチラ

表参道美容皮膚科の施術に対する考え

しみの種類や症状も、患者様お一人おひとりによって様々です。 カウンセリングでお悩みやご希望、お話をしっかりとお聞きし、豊富な治療メニューの中から、最善の治療法をご提案いたします。 タトゥー(刺青)・アートメイク除去では、タトゥーや入れ墨の特性を理解し、肌にダメージをあたえず、痛みも少なくお悩みの部位を取り除きます。 患者様がもつ本来の美しい肌を取り戻していただけるよう、そしてご満足いただけるよう、丁寧で安心な治療を心がけています。