当院のコロナ対策について

×

スタッフブログ

bg

  • ニキビ跡の色素沈着

  • 2019年08月09日

ニキビの赤みや腫れが引いて、ようやく治る・・・!と思いきや、いつまでも残るニキビ跡。

今回はニキビ跡の色素沈着について、少しだけご説明いたします。

 



色素沈着になる理由とは?
ニキビ跡が茶色く残るのは色素沈着が起こっているからです。
色素沈着とは、炎症が起こった部分が治っていく過程で現れるものです。
身近なところですと、虫刺されの跡が一番わかりやすいかと思います。
虫に刺されると赤く腫れて炎症が起こり、さらに痒みを伴うためひっかいてしまったりします。
炎症など、ダメージを受けた部分を回復させようと細胞が活性化するのですが、この過程でメラニン色素も作られ、傷跡の通りに茶色く跡が残ります。
虫刺されの跡が気が付いたらきれいになっているのと同様に、色素沈着は自然に薄くなっていくのですが、炎症の度合いがひどかったり、その期間が長かったり、治る過程で刺激を受けてしまったりすると、その分必要以上のメラニンが作り出されてしまうため、通常のお肌のターンオーバーでは排出しきれなくなってしまい、そのままお肌に残ってしまうこともあります。

 

できてしまった色素沈着をなくす方法は?
虫刺されのような軽度の炎症が原因で起こったものは、放っておいても自然に薄くなっていきますが、炎症の度合いが強かった傷や衣服がすれる場所のようにずっと刺激が加わり続ける部分は、その分改善させるのが難しくなります。
薄くさせるにはお肌の生まれ変わりを促してあげる必要があるので、保湿やピーリングなど、ご自宅でできるものからお薬処方、レーザー治療などの医療機関の力を借りて治していく方法とがあります。

 

色素沈着のレーザー治療・光治療
表参道美容皮膚科の場合は、メドライト(レーザートーニング)フォトシルクプラスによる治療をご案内しています。
傷跡や衣服の擦れによってできたような色素沈着はレーザートーニングで少しずつメラニンを分解して内側からの排出を促します。
ニキビ跡の色素沈着はフォトシルクプラスを用いて、ニキビの赤みと共にケアしていきます。
まだ活性化しているニキビがある場合は、クリアタッチという別の光治療器もご提案しております。
こちらの治療機は熱と光によって殺菌効果が得られるので回数を重ねていくうちにニキビが出来づらいお肌へ近づけていきます。

 

お薬による改善
色素沈着に対するお薬としては、お肌の生まれ変わりを促すものと美白作用があるものがご提案できるかと思います。
トラネキサム酸、タチオンなど、メラニンの排出を促すものや、ビタミンC、ハイドロキノンといった美白効果があるもの、その他に保湿効果がある外用薬などをご案内しております。

 

 

今回はここまで!

次回も少しずついろいろな事をお伝えしていきます!