当院のコロナ対策について

×

スタッフブログ

bg

  • アレルギー検査「View39」「遅延型アレルギー検査」

  • 2019年10月02日

こんにちはハロウィン

近頃、くしゃみが止まらず、喉もイガイガ薬

まるで花粉症の様な症状が続いていて、調べてみると・・・

8月から10月まではブタクサやヨモギ花粉が飛んでいるとの事。

 

「なとなく、体がだるくて重い。」「原因不明の頭痛がする。」「消化不良。」など、慢性的な体調不良は、意外と食べ物や吸入抗原のアレルギーのせいかもしれませんびっくりビックリマーク

 

『View39は少量の血液から39項目のアレルギーを保険で調べることができますグッ(保険3割負担の方で5,000円位)

 

「VIEW39」検査項目







































吸入系
室内塵 ハウスダスト
ダニ ヤケヒョウヒダニ
樹木花粉 スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
イネ科花粉 カモガヤ、オオアワガエリ
雑草花粉 ブタクサ、ヨモギ
動物上皮 ネコ皮屑、イヌ皮屑
真菌(カビ) カンジダ、アスペルギルス、アルテルナリア、マラセチア
昆虫 ゴキブリ、ガ
その他 ラテックス
























食餌系
甲殻類 エビ、カニ
牛乳・卵 ミルク、卵白、オボムコイド
豆・穀・種実類 大豆、小麦、米、ソバ、ピーナッツ、ゴマ
果物 リンゴ、キウイ、バナナ
魚・肉類 サバ、サケ、マグロ、牛肉、鶏肉、豚肉

 

 

 

 

もっと詳しく調べたい方には、『遅延型フードアレルギー検査』も行っております薬

 

遅延型アレルギーとは、アレルギー反応が弱くすぐに症状が出ないので、じわじわと身体中で炎症が進行します。。

さらに、気付かずにその食べ物を食べ続けることによって慢性的な炎症となり、様々な症状となって現れますひゃ~・・・

 

また、ダメージを受け続けることで細胞の老化にもつながってしまうのです!!!

 

 

≪遅延型フードアレルギーで起こる症状≫



























皮 膚 アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触性皮膚炎、慢性白班
消化器系 便秘、慢性の下痢、口腔アレルギー疾患、腸疾患、過敏性腸症候群、食道逆流、腹部膨満感、腸炎
呼吸器系 鼻炎、慢性鼻づまり、アレルギー性鼻炎、ぜんそく、慢性咳
精神神経系 慢性疲労、注意力障害、不眠症、多動性障害、自閉症、気分障 害、鬱傾向、てんかん、痙攣、チック障害、強迫神経症、慢性頭痛、多発性 硬化症
骨格筋系 背部痛、線維筋痛症、関節炎、関節性リウマチ、自己免疫疾患
その他 肥満、慢性中耳炎、メニエール症候群、アフタ性口内炎、心臓病、など

 

当院の遅延型フードアレルギー検査は120項目のアレルギーをまとめて検査する事ができますビックリマーク

 

こちらの検査はアメリカに検体を出すので、結果が出るまで1ヶ月ほどかかります。

費用は30,000円(税抜き)

 

調べられる120項目はこちらをご覧くださいウインク

 

https://omotesando.info/equipment/allergy.html

 

なんとなく起こる体の不調や、原因不明の肌荒れ、実は隠れアレルギーかもしれませんよ上差し