当院のコロナ対策について

×

コラム

bg

  • 老けたなんて言わせない ~毎日の簡単スキンケアでしわ解消~

  • 2021年10月21日

老けたなんて言わせない-~毎日の簡単スキンケアでしわ解消~

はじめに

30代を過ぎた頃から、目尻の小じわ、口周りの小じわが気になってくる方が増えてきます。
しわは、老けて見える大きな原因の一つです。
基本的には浅いしわなのでそれほど気にしない方もいらっしゃいますが、対処せず放置すると深いしわになってしまい、いっきに老けた印象になってしまいます。
しわを予防する為には、毎日のケアがとても重要になってきます。

小じわはどうやってできるの?

小じわはどうやってできるの?いわゆる「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」と呼ばれているしわは、肌の一番外側、「角質層」での肌変化が原因で生まれます。
肌の乾燥が進むと、角質層にある角質がはがれ、角質層の内側に保たれていた肌の潤い成分が蒸発してしまい、その結果肌に隙間が生まれてしまいます。
この隙間こそが「小じわ・乾燥小じわ・ちりめんじわ」の正体です。
この小じわを放置したまま、さらに乾燥が進めば「より深く大きなしわ」(真皮性しわ)へと進行してしまいます。

小じわ、ちりめんじわの3大原因は?


乾燥


最大の原因は乾燥です。乾燥すると肌表面が萎縮してキメが荒くなり、浅くて細かいしわができてしまいます。

紫外線


紫外線はあらゆる肌の老化現象の原因です。
強い紫外線を浴び続けると、活性酸素が発生して肌の老化が進み、水分保持機能が低下します。

加齢


年齢を重ねると肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が遅くなり、新陳代謝が適切に行われなくなり水分保持機能も低下してしまいます。

小じわ・ちりめんじわのできやすい場所は?


目の下・目尻などの目元


目のまわりは皮膚が薄く、皮脂の分泌量も少ないので、とても乾燥しやすい場所です。
そのため、意識的に潤いを補わないと保湿力が失われ、しわが目立つようになります。


頬は皮膚のなかでも厚さがある部分です。
角質層にも十分な厚みがあるため、機能的には水分が逃げにくいと考えられますが、メイクやスキンケアによって擦ったり叩いたりを繰り返すと、その刺激で角質層がダメージを受け、必要以上に硬く厚くなってしまいます。
すると、肌のターンオーバーが乱れたり、化粧水や美容液などの成分が浸透しづらくなり、結果的に十分な水分が保持できなくなってしまいます。

口元


口元の皮膚は皮脂の分泌量が少ないため、とても乾燥しやすくなっています。
また、よく動かす場所なので、しわができやすい部位のひとつです。

小じわに効果的な医薬品はどんなものがありますか?


2017年に医薬品外品成分としてのレチノールは、厚生労働省からしわ改善効果があると認められました。
レチノールとは、ビタミンAのことです。
レチノールは皮膚の細胞の新生を促すとともに、真皮の線維芽細胞を刺激して、コラーゲンの産生を促進します。
また、角質のターンオーバーを促進して、古い角質を剥がれやすくし、毛穴を詰まりにくくする作用や、炎症を鎮める作用、皮脂の分泌を抑制する効果もあります。
トレチノインとは、ビタミンAの誘導体であり、生理活性はレチノールの50〜100倍と言われています。
トレチノインは、皮膚科で古くから、しわ、ニキビ、しみ、毛穴の治療薬として用いられています。

副作用はありますか?


『レチノイド反応』といって、塗った部分のお肌に熱感、赤み、皮むけが起こります。
レチノイド反応は、トレチノインでもレチノールでも両方起こりますが、作用の弱いレチノールの方が軽度です。
そのため、低濃度から使用することをおすすめしています。
また、レチノール、トレチノインは、安定性が悪く、空気や光によって容易に失活してしまうので取り扱いに注意です。

レチノール初心者さんにおすすめは?


当院で大人気の商品 ナノメッドVAエッセンス


ナノメッドVAエッセンス
純粋レチノールを0.1%高濃度に配合した医療機関専売品のエイジングケアクリームです。
気になる目元や口元のハリとツヤ、弾力をもたらし、しわ・シミ・くすみを改善させます。
「高浸透型純粋レチノールナノカプセル」と「浸透サポート成分ナノキューブ」がレチノールをお肌の深い層までしっかりと届けることでターンオーバーを促進します。
炎症を抑える作用のあるグリチルリチン酸2Kも配合されており、皮膚への刺激も少なく、 赤みや皮むけなどのダウンタイムも最小限なのが特徴です。

独自のナノカプセル化技術により、ピュアレチノールを分解しないよう安定化させ肌へ届けます。
皮膚の深くまで浸透し、一旦入ってしまったカプセルは、自ら角層深部まで拡散していきます。
皮膚表面には残りにくいので、皮膚にこすり込んでも、カプセルが壊れることなく角質内に浸透しやすくなっています。

また、カプセルが徐々に溶けることで皮むけが穏やかで、いわゆる「レチノイド反応」と言われる赤み、激しい皮むけは起こりにくくなっています。
独自成分「ナノカプセル化ピュアレチノール」の他、ピュアビタミンC、グリチルリチン酸2K、オリジナル浸透サポート成分「ナノキューブ」配合。
無香料・無合成着色料・ノンパラベン・ノンアルコールでお肌に負担が最小限で安心・安全にお使いいただけます。



使用方法


夜の洗顔後に化粧水などでお肌を整えた後、適量(1~2プッシュ。パール粒大。)を指先にとり、目元、口元などエイジングサインが気になる部分を中心にお顔全体に塗ってください。

合わせて使うと良いスキンケアはありますか?
強力な透白成分のハイドロキノンを高濃度で配合した当院オリジナルの美白剤 『OBC HQクリーム』との併用でさらに透明感アップ、しみや色素沈着、くすみの改善により効果的です。



まとめ


マスクをつける時間が長くなっている今、特に目元の印象は今まで以上に気をつけたい部分になりますね。
コロナウイルス感染拡大により、皮膚科への通院が不安な方、当院のオンラインショップでも購入出来ます。
レチノール初心者さんは、まずナノメッドVAエッセンスからはじめてみてはいかがでしょうか。

表参道美容皮膚科原宿本院では、メスを使わず患者様の負担が少ない治療方法を取り揃えております。
サーマクール、ハイフ、マッサージピール、リジュラン注入、BOTOX… 
しわの症状や原因を詳しく診察した上で、一人一人のお悩みに合わせた治療プランをご提案いたします。