当院のコロナ対策について

×

コラム

bg

  • ケミカルピーリングって効果がない?美容皮膚科医が解説します!

  • 2022年01月25日

ケミカルピーリングって効果がない?美容皮膚科医が解説します!

ケミカルピーリングに効果を感じない!?


よく耳にする「ケミカルピーリング」という治療法。
肌を改善する手軽な施術として、一度は受けたことがある方も多いかと思います。
欧米から技術が伝わり、日本では20年ほど前から広まりました。
エステや美容クリニックはもちろん、現在では多くの皮膚科や形成外科でも行われています。
ごく一般的な施術であり、大きなリスクもなく、比較的料金も抑えめということもあり、美容医療の入り口として、まずはこれから試してみよう、とお考えの方が多い人気の治療法でもあります。

でも期待の反面、受けてみると、「何だか効果を実感しない…こんなものなのかな…?」「私の肌に一番合っているものなの?…このまま受け続けていくのがちょっと不安…」「知り合いは、『良くなった』って言っていたけれど、私はいまいち…人によって効果が違うの…?」などと感じた方もいるのではないでしょうか。
疑問を持ちながら、途中で治療を断念したり、他の治療法を模索中の方もいらっしゃるかもしれません。

実は一言でケミカルピーリングと言っても、製造会社や主要成分によって様々な種類や濃度の薬剤があります。
また効果を出すのに必要な回数、通院の頻度、効果が定着するまでに要する時間も異なります。
目的に合わせて適切な治療を受けないと、効果を十分に感じられない場合があるのです。

私にあったケミカルピーリングとは?


私にあったケミカルピーリングとは?
一般的にケミカルピーリングというと、グリコール酸や乳酸などが使われます。
これらには、ニキビやニキビ跡、毛穴の開きやくすみ改善などが期待できます。
しかし、お肌のお悩みの種類や深さはその方それぞれ。
「毛穴の開きも気になるけど、黒ずみや詰まりをなんとかしたい!」「小じわやたるみもなくしたい」「長年の悩みの色素沈着やくすみはピーリングじゃ無理?」など、お一人お一人違います。

また、効果の大きさや副反応(ダウンタイム)についても、「初めてだから、赤みや痛みの心配がないマイルドなものが安心。『何かしたの?』って言われないくらい自然に肌がきれいになるものがいい」とか、「効果をはっきり実感したいから、多少皮むけやひりつきがあっても大丈夫!マスクで隠せればOK」など、美容施術のご経験や置かれている生活環境によっても、求めるものが違うと思います。

クリニックによっては少ない選択肢の中から提案されることになると、ご自身の期待感と効果が結び付きにくいことが起こるかもしれません。
また、ケミカルピーリングだから、レーザー治療や光治療、ニードルを使った治療よりも効果が劣る、といったことはなく、ピーリングにしか引き出せない特有の効果というものもあります。
例えば、即時に誰が見ても劇的なハリ・艶感を出す、じっくり奥から肌質そのものを改善して健康的でぶれない肌を作る、あるいは一皮むき古い肌を取りかえたように、新たに弾むような肌を手に入れるなど。
重要なことは、あなたの肌の悩みや目的と、ピーリングの性質とが合致しているかどうかということです。

当院のピーリングの種類と特徴


当院では現在の肌状態、ケミカルピーリングや他の治療のご経験の有無とその時の効果、求められる肌像、効果の大きさと副反応との兼ね合い、通われる頻度、ご予算などを複合的に考慮して、5つのピーリングを用意しています。

マッサージピール


マッサージピーリング別名「コラーゲンピール」。
小じわを解消し肌の張りと質感を高め、リフトアップ効果をもたらします。
美白剤(コウジ酸)が配合されており、色素沈着やくすみも改善する攻めのアンチエイジングピーリングです。
1~2週間おきに5回の施術を立て続けに行うと、一気に肌質改善を図ることが出来ます。

サリチル酸マクロゴールピーリング


安全に角質だけを除去し、ターンオーバーを整えます。
ニキビ、ニキビ跡、くすみ、毛穴の詰まりを改善します。
赤みや皮むけの心配がなく、ピーリング初心者の方も安心してお受け頂けます。
それでいて効果の高さは他のピーリングと同等。
1か月に1回を継続することで効果を維持することが出来ます。

ミルクピール


施術直後から、最大級のツヤ感、ハリ感をご実感頂けます。
肌の凹凸を改善し、キメを整えます。
1回の施術で「映える肌」が手に入ります。
2週間おきに4~5回を1クールとして行うことで、絶好調の肌感をキープすることができます。

マスクピール


毛穴の汚れ、過剰な皮脂を吸着除去に特化した成分「ベントナイト」を配合。
毛穴の詰まり・黒ずみ・開きを集中的にケアしたい方、脂性肌の肌質改善を図り滑らかな肌を手に入れたい方に特にお勧めです。
ニキビにも効果があります。
2週間おきに4~5回を1クールとして行うと効果的です。

レチノールピール


肌への刺激が強いレチノイン酸の前段階物質である「レチノール誘導体」をナノカプセル化。
刺激を抑えながらも、より深く届き、成分が留まることで効果の延長も実現。
皮脂分泌をコントロールし、脂性肌・ニキビを改善、むき卵のようなつるっと滑らかな肌をもたらします。

また、しわを改善し、皮膚にピンとハリをもたらすことでたるみも改善するアンチエイジング効果もあります。
施術後1週間ほど乾燥や皮むけが生じますが、効果は絶大。
このピーリングでないとと、根強い人気を誇るピーリングです。
1か月おきに5回を1クールとして行うと効果的です。

院では上記のように、肌の悩み別に特化したピーリングを揃えております。
ご自身にぴったり合ったピーリングをご提案させて頂きます。

ケミカルピーリングの効果を最大限に高める方法とは?


一般的にピーリング後は、通常よりも肌が乾燥しやすくなり、紫外線の影響も受けやすくデリケートな状態になります。
お肌状態やご希望によっては、保湿のためやニキビに効果的な保険処方の軟膏・クリーム・ローション類をお勧めすることがあります。

また美白目的や肌荒れなどに効くトラネキサム酸やビタミン系の内服薬などもご用意しています。
紫外線から肌を守るUVケア製品も、メディカルサプリメントからメディカルスキンケア製品など多数扱っています。
美容・一般皮膚科治療のエキスパート医師が、最適な薬・サプリメント・スキンケア製品を組み合わせて処方します。

美白目的や肌荒れなどに効くトラネキサム酸やビタミン系の内服薬

また施術効果を持続させる医療機関専売のホームケアピーリングクリームや、皮膚修復クリーム、メディカルサプリメントなども多数用意しています。
光治療やレーザー治療を併用し、さらに相乗効果を狙う選択も可能です。
多面的なアプローチから最善の治療を行い、治療の効果を最大限に高めていきます。

ピーリングは実績と信頼のあるクリニックで


このように、「ケミカルピーリング治療」といっても様々な選択肢があり、治療の方法は非常に多岐に渡ります。
当院では2021年12月現在までで、延べ約6,000件以上のピーリング施術を行ってきました。
医師が患者様のお悩みや状態に合わせて最適なピーリングや複合的治療を決定する完全オーダーメイドピーリング治療を行っています。
またエステや市販のピーリング化粧品とは異なり、医師の管理のもと行うケミカルピーリングは高濃度で効果が高く、安全性も保障されています。
アフターケアも万全です。

「肌がデリケートで心配…」、「治療するのが初めてだから不安…」、という方も、お気持ちを汲みながら、安心されご納得のいく、確かな効果を引き出す治療をご提案します。
一つのピーリングの効果に満足されたところで、他の肌悩みにもアプローチしたいと、他のピーリングを柔軟に使い分けている患者様もいらっしゃいます。
当院では再診時に毎回医師が丁寧に診察を行い、その時の肌状態に最も適した治療や、ご自宅でのケアについてのアドバイスを行っています。
大切なご自身のお肌のこと、ケミカルピーリング治療は実績と信頼あるクリニックをお選びください。