×

ミルクピール

ミルクピール
(ミルクピーリング)

ミルクピール(Milk Peel Treatment)は、フランスのDERMACEUTIC社が開発した最新のケミカルピーリングです。ミルクピールはピーリングで使用される「グリコール酸」「乳酸」「サリチル酸」をDERMACEUTIC社が研究を重ねて最もよい配合割合で調合しています。3つの酸はそれぞれ特徴や効果が異なるため、それぞれのメリットを最大限に発揮し、1つのピーリング(単剤)では成し得なかった高い効果を実感できます。高い効果でありながらリスクを最小限に抑えているため、施術後のダウンタイムの少なさが特徴です。治療直後からツヤのあるスベスベとした明るい肌を実感できます。

〈グリコール酸〉

サトウキビやブドウから抽出されるフルーツ酸です。分子が小さいため皮膚の奥深くまで浸透し、組織の活性化を促して肌質を改善します。
★キメを整える、ハリ・ツヤを出す、小じわの改善、保湿効果

〈乳酸〉

乳酸は分子が大きいため、グリコール酸と比較して皮膚の浅い層に作用します。角質層のセラミドの生成を促進し、肌のバリア機能を向上させ、チロシナーゼという酵素を抑制することで美白効果を発揮します。また細胞の結束力を強める働きもあるため肌の凹凸を改善し、キメを整えます。
★美白効果、保湿効果、肌の凹凸を改善

〈サリチル酸〉

角質溶解作用によって皮膚の保湿力を向上させます。角層の毛包内まで均一に融解・剥離するため、毛穴の角化を抑制します。また、不要な皮膚組織を除去する効果があるため乳酸やグリコール酸をより皮膚の深部まで浸透させることができます。
★保湿効果、肌のハリや滑らかさを持続、肌のキメを整える

特徴

  • 3つの酸でそれぞれの効果を最大限に引き出す
  • リスクを最小限に抑え、ダウンタイムが少ない
  • 治療直後からハリ・ツヤ感を実感

適応症状・得られる効果

  • くすみが取れて肌のトーンが明るくなる
  • 高い保湿効果
  • これまでのピーリングでは得られなかったハリ感、ツヤ肌を実感

治療の流れ

診察

正確な診断をするために、ご相談部位のメイクを落として頂きます。
まずは問診を行います。患者様に記入いただいた予診票をもとに、いつから気になっていて、今までに治療や相談をされたことがあるか、その効果はどうだったのかなど細かく確認します。
その後、医師による診察をします。
一緒に鏡を見ながら、現在の状態をご説明します。
ピーリングの種類や特徴、予想される回数・期間・費用・治療のメリット・デメリット、ダウンタイムやアフターケアなど、患者様にわかりやすい言葉・方法でご説明します。
患者様の希望に沿った治療を決定します。
ご不明な点はご相談下さい。

カウンセリング

美容クリニック経験の長いスタッフが、ミルクピールについての特徴や効果、アフターケア、など詳しく丁寧にご説明します。
明確な料金を提示し、ご理解・ご納得いただいたうえで治療承諾書にご署名をいただきます。

治療準備

治療室の準備が整ったら、ご案内します。
まずは経過観察のため、カルテに保存するための写真撮影をします。
ご希望のある方はお手持ちのカメラやスマートフォンなどでの撮影も可能です。
横になった状態で、お洋服が汚れないよう、首元にタオルをあてます。
薬品が髪の毛に付着しないようヘアピンなどでお顔周りを整えます。
必要に応じて自家製の二層構造のテープで保護します。(肌に直接触れる面は、肌に優しいタイプのテープを使用しております。)
またメイクが残っていると確実な効果を発揮することができないため、メイクや日焼け止めをコットンで完全にふき取ります。

治療

ミルクピールの講習を受けたベテランの看護師、またはビューティーアドバイザーが施術を行いますので安心して治療を受けていただけます。
目に薬品が入らないよう、目は閉じていただいた状態で行います。
ミルクピール専用のグリコール酸入りのクレンジングを顔全体に塗布し汚れを落とします。
※メイクや古い皮脂を落としピーリング剤がしっかり浸透し均等に効くようお肌を整えます。

1分後、沈静・リラックス効果のあるラベンダーのアロマコットンでクレンジングを拭き取ります。
全体を拭き取り後、ハケでミルクピールを塗布していきます。
特に気になっている部位は念入りに塗りこみます。
施術スタッフがお声かけしながら、丁寧に細かく隙間なく塗布していきます。
患者様1人1人のお肌の状態、赤み、痛みなどを確認しながら、効果を最大限に発揮できるよう薬剤の量や塗布時間を調節して行います。
ピリピリとした痛みを感じる場合もありますが、我慢できないほどの強い痛みはありません。
全体に塗布し終わったら1分程時間をおきます。
※赤みが強く生じた場合は1分以内に拭き取らせていただく場合もあります。

1分後、沈静・リラックス効果のあるラベンダーのアロマコットンでクレンジングを拭き取ります。
全体を拭き取り後、冷やしたアロマコットンで5分程クーリングを行います。

クーリング後は表参道美容皮膚科オリジナルの高濃度ビタミンC化粧水と、ミルクピール専用の保湿剤を塗布します。
※保湿することで一時的に低下しているバリア機能を補い、外的刺激や乾燥からお肌を保護します。
※赤みやヒリヒリ感が強く生じている場合は再度クーリングをし、必要に応じて炎症止めの外用薬を塗布することもあります。
治療全体で約10分程度です。

治療後

鏡で治療後の肌の状態をご確認いただき、終了です。
治療後はメイクルームですぐに日焼け止めを塗布していただけます。
当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。
(メイクルームは治療室目の前にございますので、他人に治療後を見られる心配もありません。)

治療時間 顔全体で10分程度です。
治療回数、頻度 2週間に1回のペースで5回を1クールとして行うことをおすすめします。
施術者 講習を受けたベテランの看護師、またはビューティーアドバイザーが施術を行いますので安心して治療を受けていただけます。
痛み チクチク感やむず痒さといった刺激を感じる場合があります。
麻酔 麻酔なしで治療できます。
ダウンタイム 肌の状態によっては赤み、皮剥けが数日続く場合があります。
メイク 当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。
シャワー / 洗顔 / 入浴 当日から可能です。
日焼け 治療前後特に強い日焼けにはご注意いただき、毎日日焼け止めをご使用ください。
その他 ピーリング後、数日は乾燥しやすく日焼けしやすい状態になるので保湿と紫外線対策を行い摩擦などはさけてください。

料金表

治療器/治療内容 範囲 1回~
ミルクピール 顔全体 1回9,800円
5回41,650円
10回78,400円

Q & A

Q.痛みはないですか?

A.施術中は部位によりチクチク感やむず痒さなどの刺激を感じる場合がありますが、直後に施術部位を冷却し、専用の保湿剤を塗布することで改善されます。

Q.敏感肌ですが治療できますか?

A. 敏感肌でも治療は可能ですが、肌の状態によっては赤みや痛みを感じやすい場合がございます。
また、以下の方は治療を控えていただく可能性があります。
・グリコール酸、乳酸、サリチル酸に対して過敏症のある方
・アトピー性皮膚炎の方
・皮膚に炎症や傷がある方
・アレルギー体質の方
・肌の調子が悪い方
・治療部位に真菌性疾患、ヘルペス等ある方
・アスピリンアレルギーの方
・強い日焼け後、もしくはこれから日焼けする予定のある方
・妊娠中、授乳中の方

※過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック等)・トレチノイン(レチン・ディフェリンゲル等)をご使用の方、またはその他ピーリングを使用している方は反応が強くでますので、2週間程使用しない期間を置くことをおすすめします。

Q.治療間隔を教えて下さい。

A. お肌の状態にもよりますが2週間に1回のペースで5回を1クールとして行うことをおすすめします。その後は1~2カ月に1回の定期的な施術をおすすめします。

Q.施術後の状態は?副作用はありますか?

A.基本的にはダウンタイムはなく直後からツヤ肌感を実感できます。しかし、お肌の状態によっては赤み、皮剥け、かさぶたが起こる可能性もあります。皮剥けしても無理に剥かずになるべく保湿してお過ごしください。通常は数日で軽快します。

Q.ピーリング後、メイクはできますか?

A. 当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。

Q.顔以外も治療できますか?

A.治療可能です。粘膜がある部分以外すべての部位に施術ができます。

Q.ピーリングを続けると皮膚が薄くなりませんか?

A.ミルクピールは皮膚の浅い層へのケミカルピーリングです。古い角質を取り除くことにより皮膚は一時的に薄くなりますがその後表皮細胞の活性化と真皮のコラーゲン産生により皮膚はむしろ厚くなりますのでご安心ください。

Q.禁忌を教えて下さい。

A.

  • グリコール酸、乳酸、サリチル酸に対して過敏症のある方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 皮膚に炎症や傷がある方
  • アレルギー体質の方
  • 肌の調子が悪い方
  • 治療部位に真菌性疾患、ヘルペス等ある方
  • アスピリンアレルギーの方
  • 強い日焼け後、もしくはこれから日焼けする予定のある方
  • 妊娠中、授乳中の方
    ※過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック等)・トレチノイン(レチン・ディフェリンゲル等)をご使用の方、またはその他ピーリングを使用している方は反応が強くでますので、2週間程使用しない期間を置くことをおすすめします。

▲このページの上まで戻る