当院のコロナ対策について

×

三宅Dr.ブログ

bg

  • しみの種類②

  • 2018年02月02日

こんにちは~、ドクターマキです^^

 

前回のブログの続きです。

 

①老人性色素斑

②脂漏性角化症

 

に続き、3つ目のしみは

③雀卵斑(じゃくらんはん)です。

皆様ご存知の「そばかす」です。

形と色がすずめの卵に似ているため、

正式には雀卵斑という名前がついています。

そばかすには遺伝性があります。

小学生頃から両頬にぱらぱらと

数ミリ程度の大きさのしみが出てきます。

 

しみの一種なので、やはり紫外線で悪化します。

 

そばかすのある人は

メラニンを作るメラノサイトの働きが活発なので、

年齢を重ねると・・・・・

他の種類のしみもたくさん出来てきて

かなりしみが多くなる方が多いです。

そばかすは遺伝性で小さい頃からあるため、

取れないと思ってあきらめている方も多いのですが、

治療によく反応するので、ご安心下さい!

ただ、少し再発しやすいので、

治療回数がかかることが多いのが特徴です。

 

4つ目のしみは

④肝斑(かんぱん)です。

トラネキサム酸内服薬の

トランシーノが市販されるようになってから、

すっかり有名になりました。

目の周囲を抜いて、両頬に

左右対象に地図上にできるのが

典型的です。

(額や頬全体に広がることもあります)

 

 

肝班の原因は医学的には

はっきりと解明されていませんが、

女性ホルモンが関与しているといわれています。

妊娠・出産・生理周期などの

女性ホルモンの変化でで濃くなったり、薄くなったりします。

(女性ホルモンの少なくなる60代には消える方が多いです)

女性ホルモン以外では、

紫外線・摩擦・ストレスなども悪化する原因となります。

スクラブ洗顔をやめるだけでも

肝班がよくなる方がいるほど

摩擦で悪化しやすいです。

強すぎるマッサージやスクラブ洗顔は

肝班のある方は注意しましょう!

肝班はレーザー治療で余計に濃くなることも多く

治療が難しいタイプのしみでした。

今では、他のしみよりも回数はかかりますが、

新しいタイプのレーザー

肝班レーザーのメドライトC6がよく効きます!

症状の軽い方はトラネキサム酸の内服だけで

改善することもあります。

 

残り2つのしみについてはまた次回お話ししますね~。