×

ダーマペン

ダーマペンとは?

ダーマペンは、マルチプルニードル(11本の針)という微細な針を用い、高密度に皮膚に穴を開け、傷を治そうとする自然治癒力で皮膚を再生させる治療です。
アメリカのFDA(米食品医薬品局)で認可されている医療器具です。

傷を治す過程でコラーゲン線維が再生増殖し、毛穴・ニキビ跡・瘢痕・小じわ・しわ・たるみ・妊娠線・薄毛などに効果を発揮します。
オートマチックバイブレーション機能により、痛みや不快感を軽減し、治療の際、成長因子やヒアルロン酸、ビタミン類などの美容液を塗布しながら施術するので、薬剤の有効成分を確実に浸透させ、治療効果を高め美肌へ導きます。

従来の類似器具(ダーマローラー)に比べ、表皮への負担が少ないため、より安全に肌の若返り治療を受けていただけます。

特徴

  • 痛みが少ない。
  • 出血がほとんどない。
  • ダウンタイムが短い。
  • 治療時間が短い。

適応症状

  • しわ、小じわの改善
  • たるみ
  • ニキビ・ニキビ跡
  • ほくろ
  • 毛穴の開き
治療器 方法・範囲 料金
ダーマペン 1回30,000円
3回81,000円
5回120,000円
頬+鼻 1回40,000円
3回108,000円
5回160,000円
顔全体 1回60,000円
3回162,000円
5回240,000円
1cm2 10,000円

※金額は消費税別です

治療の流れ

1 メイクを落としていただきます。

2 医師が診察させていただきます。

3 表面麻酔を塗布します。

4 成長因子を塗布しながら治療を行います。

5 患部を冷却します。

治療時間 治療時間は顔全体で10分程です。
治療回数、頻度 状態によりますが、2~4週間に1度の治療を5回程度継続することをお勧めしています。
施術者 看護師が施術します。
痛み ほとんどの方は痛みがありません。人によってはちくちくとした痛みを感じることがあります。
麻酔 表面麻酔を使用します。
ダウンタイム 肌の赤みや熱感、内出血、皮剥けなどが生じる可能性がありますが、数日でなくなります。
メイク 翌日から可能です。
シャワー / 洗顔 / 入浴 当日のみシャワー浴、洗顔は当日から可能です。
自宅での処置 2日間、朝晩2回炎症止めの軟膏を塗って下さい。
その他 数日間は肌が乾燥しますので、十分な保湿をお願いたします。

症例写真

回数・期間 10回 月1回
費用 頬5回コース120,000円 ×2
注意事項・副作用 <注意事項>
・効果に個人差が有ります
・限界有り
・回数かかります
<副作用(リスク)>
・皮むけ・乾燥感(1週間程度)
・赤み(数日)
・刺激で一時的にニキビが増える
・色素沈着
備考 当院モニター
回数・期間 -
費用 -
注意事項・副作用 <注意事項>
・効果に個人差が有ります
・限界有り
・回数かかります
<副作用(リスク)>
・皮むけ・乾燥感(1週間程度)
・赤み(数日)
・刺激で一時的にニキビが増える
・色素沈着
備考 メーカー提供写真
回数・期間 5回以上 月1回
費用 頬 1回 30,000円
注意事項・副作用 <注意事項>
・効果に個人差が有ります
・限界有り
・回数かかります
<副作用(リスク)>
・皮むけ・乾燥感(1週間程度)
・赤み(数日)
・刺激で一時的にニキビが増える
・色素沈着
備考 メーカー提供写真
回数・期間 5回以上 月1回
費用 1㎠ 1回 10,000円 (面積にて計算します)
注意事項・副作用 <注意事項>
・効果に個人差が有ります
・限界有り
・回数かかります
<副作用(リスク)>
・皮むけ・乾燥感(1週間程度)
・赤み(数日)
・刺激で一時的にニキビが増える
・色素沈着
備考 メーカー提供写真

Q & A

Q.ダーマペンはどんな治療ですか?

A.ダーマペンの治療は、微細な針で高密度に皮膚に穴を開け、傷を治そうとする自然治癒力で皮膚を再生させる治療です。傷を治す過程でコラーゲン繊維が再生増殖し、シワ・たるみ・毛穴・ニキビ跡・傷跡・妊娠線・薄毛に効果を発揮します。治療の際、成長因子やヒアルロン酸、ビタミン類などの美容液を塗布しながら施術するため、有効成分を確実に浸透させ美肌へ導く治療です。

Q.どの様な症状に効果がありますか?

A.シワ・たるみ・毛穴・ニキビ跡・傷跡・妊娠線・薄毛などに効果があります。

Q.痛みはどのくらいありますか?

A.骨に近い部位は引っ掻かれている様に感じる方もいらっしゃいますが、表面麻酔を使用するとほぼ無痛です。

Q.治療後メイクはできますか?

A.治療後、約6時間で穿孔した穴がふさがってきます。その間は洗顔、日焼け止め、お化粧はできません。

Q.次の治療はいつから出来ますか?

A.2~4週間後になります。

Q.治療が受けられない場合がありますか?

A.この治療は、金属アレルギーの方、ヘルペス、いぼ、真菌感染症、創傷部位、重度の糖尿病、皮膚ガンの方はお受け頂くことが出来ません。

▲このページの上まで戻る